マンション経営にはサブリース契約がおすすめ|利用しやすい会社探し

家賃フリーを目指そう

模型

若者にも人気です

投資用マンションが人気化している理由は安定収入を確保できるからです。株式の場合には、その企業の業績によって大きく配当が左右されることもあります。外貨預金の場合には、政策金利の変更で金利が上がったり下がったりして安定しません。投資用マンションであれば、入居者がいる限り、継続的に家賃収入を得られます。最近では、若い人たちの間でも投資用マンションは注目の的となっています。賃貸マンションに住んでいるのであれば、無駄に家賃を支払うのではなく、いずれ自分のものにしたいと考える人たちが増えてきているのです。ただ賃貸物件に住んでいるだけの人と、賃貸物件に住みながらも投資用マンションを持っている人では、数十年後に保有資産が大きく変わってきます。

好循環を作ろう

自分が賃貸物件に住んでいながら、投資用マンションを保有していれば、投資用マンションから受け取れる家賃を賃貸物件の支払家賃に充当することができます。つまり、家賃フリーで賃貸物件に住むことができるわけです。現金を銀行に預けていてもほとんど利息が付きません。毎月の支払家賃で預金が目減りしていくだけになります。しっかりと運用をすることができれば、資産がお金を生んでくれるという好循環が生まれ、生活にも余裕ができるようになります。また、投資用マンションを保有していれば、ローンを組もうとするときに、銀行の審査も比較的簡単に通るようになります。投資マンションを持つことには、安定収入を得る以外にもいろいろなメリットがあるのです。