マンション経営にはサブリース契約がおすすめ|利用しやすい会社探し

空室保証をしてくれる会社

住宅

空室保証が人気の理由

マンション経営をする場合の不安は、空室が出た時に次の入居者がすぐに見つかるかという問題です。例えば学生向けマンションの場合、3月時点で入居者がいないと丸1年間空室になる可能性があります。なぜなら学生の移動時期は新学年が始まる直前の2月から3月だからです。その時期に入居者が決まらないと、家賃をかなり下げざるを得なくなります。このような不安をなくすために人気なのがサブリース契約です。サブリース契約というのはマンションの管理運営を委託すると同時に、空室が出た時の家賃保証をしてくれるシステムです。そのためには家賃の10から20パーセントを支払うことになります。家賃収入が減ってもサブリース契約に人気があるのは空室保証があるからです。また空室が出た場合の入居者募集業務などもすべて代行してくれるというメリットがあります。

管理会社を探すポイント

サブリース会社はたくさんありますから、契約を結ぶ前に複数の会社に見積もりを出してもらう必要があります。見積もりの中には具体的な家賃の額が提示されています。その額が周辺の家賃相場に比較して妥当なものかどうかを調べます。相場よりも低い金額なら、自分で管理運営した方がいいわけです。また見積書には管理の内容についても記載されているので、どこまで管理してくれるのかを知る必要があります。不動産は寿命の長い物件なので、しっかりしたメンテナンスをしてくれる会社でないと資産価値が減ってしまうことにもなりかねないのです。複数の見積もりを出してもらって、その中から自分が納得できるサブリース会社を選びます。契約する前にその会社の経営基盤を把握する必要があります。